チャンピックスで禁煙できる理由とは

全国的に禁煙治療が受けられる専門の医療機関は増えてきており、禁煙補助剤のチャンピックスの処方を受けることができます。タバコには習慣性があるとされており、タバコに含まれているニコチンの影響によって何度も喫煙を繰り返したくなります。タバコを吸わなくすることで、一定の時間が経過するとタバコへの切望感が現れてしまうことで禁煙することは難しいと考えられています。タバコに含まれているニコチンは、脳にあるニコチン受容体に作用して神経伝達物質のドパミンの放出を行います。ドパミンは快楽物質とも呼ばれているもので、幸福感が得られますので耐性が築かれて、禁煙を行うことで強い切望感や離脱症状が生まれます。医療機関を受診することで処方が受けられる禁煙補助剤のチャンピックスには、ニコチンと同じように摂取することでドパミンを放出させる作用があります。ニコチン受容体を少しだけ活性化させることができるために、パーシャルアゴニストの医薬品に該当します。タバコを止めることで受容体への作用を完全に阻害してしまうと、それによって強い離脱症状が現れるために禁煙することが難しくなりますので、チャンピックスを服用することで少しだけニコチン受容体の刺激を行って少量のドパミンを放出させます。その作用によって禁煙時に生じる切望感や、離脱症状の苦しみを緩和させることが可能となります。チャンピックスの服用を継続することで、その後にタバコを吸った場合であっても、受容体がタバコによって摂取したニコチンによって活性化されなくなり、チャンピックスの作用によって受容体が刺激されている状態が継続します。そのために喫煙をしたとしても、満足感を得られなくなりますので、タバコへの切望感を減少させることに繋げられます。